2015年08月02日

マレーシア航空機の墜落の謎は依然残るな



マレーシア航空機の残骸らしいものが発見されたらしいが、消滅していなければいつかは発見されるだろう。問題は事故原因が究明できるかどうか。おそらく単なる部品の残骸だけでは原因と推定し特定するのはそうとう難しいのではないか。

マレーシア航空機は今どこに? 「FBI超能力捜査官」は驚愕の真相を“視た”!!
http://tocana.jp/2014/10/post_4988_entry_2.html



posted by rosta at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

小龍包発祥の地といわれる上海・南翔へいって小龍包を食べてきた

今年のはじめに上海方面を旅行してきたのだが、上海でいくつか老街・古鎮を訪ねた。そのなかでも南翔古鎮は上海中心部から地下鉄で30分くらいで到着する手頃な場所だと思う。


南翔古鎮は南翔老街(ナンシャンラオジエ)とも称されるが、よくメディアなどに紹介される七宝鎮などより歴史的に古いし由緒あるところだ。なによりここが小龍包の発祥の地だと言われていることが、そのことを示している。


さて、その南翔には地下鉄11号線「南翔」駅で降りる。

住宅街を歩き15分くらいで到着。

GEDV0049.JPG
幹線の道路から少し奥に入ったところに老街がある。


GEDV0050.JPG


GEDV0051.JPGGEDV0052.JPG
入ってすぐに昔の建物と運河の船着場らしき少し広めの河口がある

GEDV0053.JPG
運河としては他の水路が見えないのでさほど機能していないのではないかな

GEDV0054.JPG
この運河沿いの周辺が昔風の建物を保存している

GEDV0055.JPG
小石を敷き詰めた石畳の路面


GEDV0056.JPG
そこそこ観光客は多いが、地元の人も多いようだ。

GEDV0057.JPGGEDV0058.JPG
蒸籠蒸しの蒸気がものすごい。そしてまた小龍包の美味しさをそそる効果も満点。

GEDV0060.JPG
お店の入り口すぐにお客が座っていた。

GEDV0061.JPG
角にあるお店はけっこう繁盛していたが、メニューはどうやら小龍包のみのよう。

GEDV0062.JPG
小皿にのせた小龍包に黒酢をかけて美味しくいただきました。

GEDV0063.JPG

小龍包のみの調理場なのであっという間に出来上がる

GEDV0064.JPG

昔風の木の椅子と机の店内


GEDV0066.JPG


GEDV0067.JPG

雰囲気のある建物が密集している

GEDV0068.JPG

さすがに小龍包の店が多い。

GEDV0069.JPG

木製の彫刻が風情を醸し出している。

GEDV0071.JPG

店先での蒸籠蒸しで湯気を立てさせてお客を呼び込む。

GEDV0072.JPG

ほどよく観光地なのが良い。

GEDV0073.JPG

地元の商店街としても機能している


GEDV0084.JPG

GEDV0074.JPG

商店街を進むとほどなく宋代の史跡として有名な双塔のある広場へと出る

GEDV0075.JPG

くぼ地となっているところに塔が立っている

GEDV0080.JPG

古い井戸を保存。脇から小銭を入れて運を呼び込もうとしている

GEDV0081.JPG

さらに進むと、西暦505年に創建されたというお寺「雲翔寺」。現在の建物は近年修復されたもの。入場するには金がいるので注意

GEDV0082.JPG

お寺の前には広場が

GEDV0083.JPG

広場の前の石碑で記念撮影する人も

GEDV0085.JPG

昔風の雰囲気ある建物のコーヒーショップがあった。コーヒーはめちゃ高く日本と変わらない

GEDV0089.JPG

途中の街路で肉を干していた


posted by rosta at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本文化の心 茶道具通販なら舞宝夢茶道具店 名物へぎそば、通信販売
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。