2010年06月09日

ホンダのストライキ終息するか?



中国ではストライキがご法度だったようだが、市場経済導入・経済成長が著しくなり、それにあわせてインフレが激しくなると労働者の生活が苦しくなる。普通は労働組合を通じた賃上げの制度などが社会的にあるのだが、中国にはない。当然ながら経営者はそんなことは頓着しない傾向があるし、できるだけ経費はかけたくないから、賃上げを主導することはありえない。そこで不満が蓄積して爆発したということ。

たぶんきちんと組織化された組合ではないだろうし、そのように労働者管理をされていないだろう。そのあたりは、いままでのように、未開発だし単純に安い人件費でオーケーという具合にはいかない。このニュースは中国国内で流されているから、今後労働者のストが増える可能性も予想される。

ホンダの子会社もいくつかあるし、他の会社の争議などに飛び火するかもしれない。予断を許さない状況だろう。

posted by rosta at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

日本文化の心 茶道具通販なら舞宝夢茶道具店 名物へぎそば、通信販売
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。