2010年09月02日

水死体回収屋



ザイーガに信じがたい記事が掲載されていた。


溺死体を回収し身元を調べ遺族に引き渡し金をもらう中国の職業「水死体回収屋」
http://www.zaeega.com/archives/51155885.html
 中国では、毎日のように溺れたり、自殺した人の死体が大きな川下に流れ着くそうです。それらの水死体を漁船で回収し、身元を調査し遺族に引渡しお金を要求するおちう「水死体回収屋」という職業も存在しているそうで、先日、この一枚が、中国の報道撮影作品賞「金レンズ」を受賞して話題となっていました。タイトルは「遺体を縄で引きずったまま遺族と値段交渉する回収屋」です


水死体回収屋
子供を助けるためにおぼれてしまった学生を回収した

http://www.chinasmack.com/2010/pictures/award-winning-holding-a-body-for-ransom-photo-controversy.html

しかし死体の身元が確認できればいいが、そうでないものもあるだろう。お金を持っていない例もあるだろうし、はたして本業として成立しているのか? そもそも行政の怠慢なわけで、このあたりは問題視されるのではないか。
posted by rosta at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161324264

この記事へのトラックバック

日本文化の心 茶道具通販なら舞宝夢茶道具店 名物へぎそば、通信販売
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。