2014年06月16日

植民地時代の建物を修復/台湾・台南市「ハヤシ百貨店」

百貨店/デパートは近代の都市の象徴のような気がする。例えばロンドンの「ハロッズ」やパリの「オ・プランタン」は高級品を扱い、富裕層が買い物をするという。富と消費を象徴するようなものだった。

個人的体験でいっても、子どもの頃の田舎の地元のデパートは唯一の遊興地だったし(当時は屋上に遊戯施設があり、休日は家族でデパートの食堂で食事をするのは楽しみであり、贅沢であった)、商品はなんでも置いてあった。

今は家電量販店やスーパーに押されて、存続の厳しい地域もあるが、それでも老舗というか商品販売の王様のステータスを持っているし、<高い価値>という幻想を、場と空間で演出できる唯一の存在なのではないか。

以下は毎日新聞サイトから
日本統治時代に開業した「ハヤシ百貨店」が復元され、「林百貨」として再びオープン。和服や昔の学生服姿の若者らがパレードし開業を盛り上げた=台湾台南市で2014年6月14日、鈴木玲子撮影

【台南(台湾南部)鈴木玲子】日本統治時代の1932(昭和7)年に台湾南部・台南市で開業したデパート「ハヤシ百貨店」が復元され、14日に商業施設「林百貨」として再びオープンした。ビルは5階建て(一部6階)で左右対称のアールデコ様式。南部で最初に設置されたエレベーターも復元されるなど「昭和モダン」の趣を随所に感じさせる。


http://mainichi.jp/select/news/20140615k0000m030053000c.html




posted by rosta at 03:48| Comment(1) | 街・都市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事拝見いたしました。とても参考になりました(感謝)!
Posted by 増田幸治 at 2014年06月18日 07:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


日本文化の心 茶道具通販なら舞宝夢茶道具店 名物へぎそば、通信販売
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。