2014年07月30日

河北省の広府城は太極拳のふるさとでもあった

日本の城とちがって中国の城は町全体を囲っている。そのせいか長い歴史のなかで淘汰されてきた、というか、不要になれば遠慮なく壊されたのだと思う。今は再開発でさらに少ないものがなくならないといいのだが。

ところで『中国の“穴場”めぐり ガイドブックに載っていない観光地』(日本日中関係学会/編 日本僑報社 2014年)という本を読んで、ちょっと内容が薄いのと穴場が少ないのでがっかりしたのだが、河北省の広府城というところはあまり紹介されていないと思った。

場所が河北省という内陸なので、なじみがないのだろう。

点击图片可在新窗口打开

 点击图片可在新窗口打开
http://travel.0756.la/viewnews-7051-page-1.html

周囲を掘りにして水を引き込んでいて河のように見えるが、なかなかいい。ロケーション的には景勝地という感じだ
查看照片详细信息

http://www.yododo.com/photo/012FD4BB16955B65FF8080812FD266F1

トリップアドバイザーをチェックすると、永年郡のいちばんの観光地で、周囲にはホテルもあるようだが招待所がメインのようで外国人が泊まれるかは不明。写真で見る限り城内は素朴な雰囲気でまだ観光化されていないような地味な場所みたい。
广府古城 Guangfu Ancient City
http://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g1810157-d1865015-Reviews-Guangfu_Ancient_City-Yongnian_County_Hebei.html

太極拳の故郷といっても諸説あるのだが、中国河北省永年広府は楊露禅が楊式太極拳を起こした場所だという





場所は「邯鄲の夢」で有名な邯鄲市(かんたんし)の近く

こちらは航空写真。周りは何もない、しかし運河掘りにしている城壁は鉄壁だろうね。







ラベル:地方 遺跡 歴史
posted by rosta at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

日本文化の心 茶道具通販なら舞宝夢茶道具店 名物へぎそば、通信販売
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。