2014年08月06日

ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ―『非核芸術案内』(岡村幸宣 岩波ブックレット 2013年)

非核芸術案内』(岡村幸宣 岩波ブックレット 2013年)

広島・長崎の核爆発から第五福竜丸の被ばくと原子力発電、チェルノブイリの原子力事故を経て福島の原発の核事故までの事象に対応した芸術表現を一瞥する。

反核や反原発ではなく、「非核」としたのは核の問題を幅広くとらえようとしているからだろう。作品はメキシコのシケイロスの「都市の爆発」(1936年)から丸木位里・丸木俊「原爆の図」(1950年)の紹介にはじまり、文学作品や中沢啓治の「はだしのゲン」(1973−85年)、そして市民たちが描いた原爆惨事の絵画郡にいたる。

さらに第五福竜丸の被ばくと原発、チェルノブイリ以後の表現活動を振り返る。最後に3.11以後の非核芸術をみてゆく。そのなかで文学者や映画の動向なども盛り込んでchimpom 、ヤノベケンジ、風間サチコ、増田常徳、黒田征太郎などの作品を紹介している。核の問題を考える契機や素材としてあらためて芸術表現を見直すことは重要だろう。



なお著者は丸木美術館学芸員。

    







posted by rosta at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

日本文化の心 茶道具通販なら舞宝夢茶道具店 名物へぎそば、通信販売
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。