2014年08月09日

映画で見る中国の隆盛―ハリウッドでの新たな展開なのか新作『トランスフォーマー』から

TBSラジオの映画評論家の町山智浩のコラムを聞いていたら、日本でもこの8日に公開される映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』を採り上げていた。この映画はいままで全世界の興行収入が10億ドル(約1000億円/1ドル100円換算)を突破し、今年公開された映画のなかでダントツのNO.1ヒット作となっているのだ。

なにがすごいといってもこれが、中国マネーが入っているせいで、最初からヒット・収益が見込まれていたという。つまり制作費に中国の企業から複数募っているからだ。もっとも全体の3割くらいだという。そして中国とアメリカの合作という形式をとっているので、中国公開でのハードルがない(中国の場合はアメリカ映画など外国映画の公開規制がある)ので、スムーズである。

また、彼によれば中国では映画館が一日3館のペースで創られているという(ちょっと根拠が見えないが…)。アメリカの映画館の数よりも数が多いというのは理解できるが、映画館事業がそれほど展開する可能性があるのかちょっと不思議である。たとえば人口増加が続いているインドであれば理解できるが、日本のように人口減少になっていて、シネコンはあっても映画館自体はさほど増えていないところではあまり理解しがたいところがある。

話しとしてはこの映画が企業の宣伝に配慮するシーンがかなり多く、それによってストーリーとして不自然なところが多々あるらしい。これが映画の未来の形かと思うとぞっとする、と語る。

自分に金くれたら中国を舞台にしてゴジラのような映画をつくる、とも話していたが、たしかに中国市場相手に合作をして事業を発展させる方向はありだな、と思う。


『トランスフォーマー』最新作の世界的大ヒットで見える、中国マネーの興隆?
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20140807/1059446/?ST=life&P=3




世界中で大ヒットを記録した映画『トランスフォーマー』シリーズの最新作
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
公式サイト:http://www.tf-movie.jp/
(C) 2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved.




posted by rosta at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 中華動画・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403417047

この記事へのトラックバック

日本文化の心 茶道具通販なら舞宝夢茶道具店 名物へぎそば、通信販売
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。