2015年05月30日

連環画の展覧会が京都で開かれている―知られざる中国〈連環画 (れんかんが)〉

上海郊外の狭い書店で昔の連環画を見つけて購入した。〈連環画 (れんかんが)〉とはウィキペディアによれば

連環画(れんかんが)とは、中国で20世紀初頭に発行された、一連の物語を1ページ大の挿絵と見出し文で表現する掌サイズの絵本である。連環画は中国における漫画の形式であると考えられている[1]。

とされている。漫画と違うのは絵が主体ではあるが、フキダシのような台詞のくくりがない、コマ割がないということか。いずれにせよ絵が主体ではあるが劇画・マンガとは違う。西洋のコミックとかバンドデシネと呼ばれている大判の画集とも違う。別なものとだろう。

7月まで開催しているらしいので、見に行きたい気もする。
-------------------------------------------------------------------

知られざる中国〈連環画 (れんかんが)〉
http://www.kyotomm.jp/event/exh/renkanga.php

2015年4月25日(土)〜7月5日(日)
◇開館時間:午前10時〜午後6時(最終入館は午後5時30分)
◇休館日:毎週水曜日、4/30、5/7、6/1〜4
※4/29、5/6は開館
会場 京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー4
-------------------------------------------------------------------
 連環画ポスター



上は三国志の連環画で現在も発売されている。


なお以前にも日本で展覧会があったらしいが、連環画だけで展示するのは初めてではないか? 

本展監修にあたる中国文化研究者・武田雅哉氏(北海道大学大学院文学研究科教授)より借用した300点を超える連環画コレクションを下記のテーマに合わせて展示。なお、内容は北海道大学総合博物館で開催された展示「越境するイメージ――メディアにうつる中国」(2011年)


越境するイメージ――メディアにうつる中国
http://www.museum.hokudai.ac.jp/special/article/7/
posted by rosta at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

日本文化の心 茶道具通販なら舞宝夢茶道具店 名物へぎそば、通信販売
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。