2014年09月04日

7月の訪日外国人トップの28万人が中国人だということだが、華人という括りでは以前から一番じゃないのかな?

7月訪日外国人がトップが中国人だという話。

これまで訪日外国人の国別ランクでいえば韓国が通年で毎月20万人(2013年〜)くらいいて、次に台湾、中国、香港とつづいていて、いわゆる華人という人びとでいえば韓国人を越えていたくらいだった。それが2009年あたりから中国が台湾を越えるようになり、ややデコボコがあるが増えては来ている。

http://www.jnto.go.jp/jpn/reference/tourism_data/visitor_trends/
まあ、いちばんの要因としては端的に海外旅行へ出かける余裕のある人が増えた、ということに尽きるのではないか。物価・賃金レベルでは韓国と香港が同レベルで台湾もやや下がるくらい。中国はもっと下だろうが、なにせ人が多いので、同程度の富裕層(というか中間層なのかな)がいるし、その数も半端ではない。

中国人にとり海外旅行ブームがアジア諸国を中心に続いている。これを推進させる要因として、@改革・開放政策の進展による中国人の経済的ゆとり、A労働時間の大幅な短縮、すなわち、土・日曜の週休2日制、年3回の7連休制度4)、B国内旅行の割高感などが考えられる。

2020年には旅行者数は1億人に達するとの見込
http://tourism-nippon.com/nicchutour%20hikaku.htm

日本人の海外渡航人数をみてみると2012年の時点で18484000人。
http://www.tourism.jp/statistics/outbound/
2006年のデータだと中国人海外旅行者数が3450万人だというので、この時点で倍くらいになっている。ちなみに日本への渡航目的はビジネス出張や親族訪問など厳密な観光は少ないようだ。

レジャー超大国、中国(9)〜実況!中国人観光客と「はとバス」ツアー
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20080125/145466/?rt=nocnt

観光ということでは韓国、台湾、香港あたりからの人が多そうだが、いずれにせよ来日する人々は、地理的にも近い韓国、中国、台湾、香港からの人びとが圧倒的多数であるということは当然だし事実なのである。

そのことはもうすこし考えたほうがいいと思うよ。



7月"訪日外国人"は中国が前年比倍増でトップ、中国ってそんなに景気がいいの?

日本政府観光局(JNTO)が発表した2014年7月の訪日外国人数(推計値)は前年同月比26.6%増の126万9,700人と単月で過去最多となった。政府が成長戦略で観光立国を打ち出し努力している効果もあるが、それ以上に円安が進んで海外から見た日本旅行の価格が下がった効果が大きい。

国別では、中国が前年同月比101.0%増の28万1,200人と、単月では訪日旅行者数トップとなった。都内の百貨店や空港の免税店は、中国人観光客の買い物で賑わっている。(中略)実は、中国経済には2つの顔がある。「消費」は好調。ただし、「投資」が過剰で先行きに不安がある。

今後の経済運営で「消費主導の成長経済に移行」する方針を掲げている。ただし、投資依存は簡単には止められない。投資を減らし過ぎると景気が悪化して社会不安が生じるからだ。現在は、小出しに公共投資を続けて景気の悪化を防いでいる。

こうした中国経済の二面性を反映して、中国でビジネスを行っている日本企業は、事業内容が消費関連か投資関連かで現況が異なる。日用品販売・外食サービスなどを手がける日本企業はおおむね好調であるが、建設機械・鉄鋼製品などを手がける日本企業は苦戦している。


posted by rosta at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・風俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

上海にジャッキー・チェンのミュージアムがオープン

ジャッキー・チェンが還暦だという。しかし若いね。

『ジャッキー・チェンフィルム・ギャラリー in 上海』が2014年5月1日、中国の上海に「がオープンしました。

出典 www.narinari.com


内部はこんな感じ(出典 lh4.googleusercontent.com

以下はジャッキーが各国語で挨拶して、ミュージアムを案内する





posted by rosta at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・風俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

なでしこが闘っている場所の中国・済南市とは




サッカー女性のロンドン・オリンピックへのアジア出場枠最終予選が今中国の済南市でおこなわれているが、いままで国際大会などでは広州や上海といった著名な大都市でひらかれていた。今回の済南市というのは山東省で日本からは距離的に近いが、さほど知られていない。メディアでも報道がないが検索してみるとけっこうおおきな街のようだ。

商業都市として発展し日本人を含む外国人が多数居住していたようで、おおきな聖堂がある教会がある。かなり立派で中国の都市のなかでも屈指なのでは? 山東省の省都だというので納得したが省内の青島のほうがいろんな意味で有名だが、内陸ゆえのマイナス要因があるのかも。人口じたいも青島が700万で済南市が560万だからそのあたり反映している。

近代建築も多いようだ。

済南市は山東省の省都で、中国の15の副省級都市の一つです。済南は鉄道と自動車道・高速道路が北に北京や天津、南に南京や上海、東に港都市の青島や煙台と連結し、山東省の3400キロー高速道路の中枢で、北京〜上海間鉄道と膠済鉄道の交差点です。


山東省商務庁
http://japan.shandongbusiness.gov.cn/public/area/jinan/
posted by rosta at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・風俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

鼻のない女性

この写真を観て最近のアフガンの女性の顔写真を想起した。

8月9日号のタイム誌の表紙は女性の鼻のない顔写真でアフガンでのタリバンによる蛮行だという。

写真によって商業主義云々の議論が沸騰したようだが、女性は米国で整形手術を受けられる、とのこと。

http://sankei.jp.msn.com/world/america/100806/amr1008061819012-n1.htm
この女性のばあいはまだ整形の見込みはたっていない。幼い頃にねずみに鼻をかじられて、その後は貧しいなかで疎外されて生きてきたという。


中国にはこういう掲示をして物乞いをしている人がけっこういる。「冷たい世間の風」と書いているが、ネットで話題になり篤志家が現れて良い状態に向かうかもしれない。
なにせ今は整形手術で直せる時代だから、あとは金だろう。
段ボールには「父も大変なので、毎月300元を送りたい」と率直に書いてあるのがなんだか
?な感じではある。

HEAVENから↓
鼠に囓られて鼻を落とした女性に冷たい世間の風―福建省
http://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-5185.html

元はコチラ↓
http://news.xinhuanet.com/photo/2010-08/06/c_12416515.htm
posted by rosta at 11:43| Comment(12) | TrackBack(0) | 社会・風俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

地下鉄車内販売

そういえば韓国の地下鉄(ソウルだけど)でも、アイデア商品を売る人を見かけた。上海の地下鉄で売り子がいるけど新聞がいちばん多いんじゃないかな。しかし上海の地下鉄ほど、いろんな物や人が乗り込んでくるところはないんじゃないかな、そりゃロンドンとかパリ、ニューヨークは別格だとは思うけど。でかい荷物をもちこんだり、明らかにすごい田舎から出てきたと思われる親子とか、けっこうバラエティに富んでいる。この前は十代と思しきカップルが座席でずっと抱き合い接吻し続けていたし、ちょっと日本とは違うおもしろさがある。



ロケットニュース24から↓
上海地下鉄の列車内で野菜を売る男!日本ではOKなのか東京メトロに聞いてみた
http://rocketnews24.com/?p=42947
posted by rosta at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・風俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

中国人観光客の買い物

中国人のビザ発行が7月から緩和されて観光客の増加がみこまれる日本だが、6月の統計が発表された。それによると
外国人観光客の売上高(調査対象は40店舗)をみると、6月は前年同月比199.1%とほぼ2倍。人気商品は1位「婦人服」、2位「化粧品」、3位「ハイエンドブランド」


前年度2倍だそうで、7月はもっと増えるだろう。しかし強敵もある。なんでも韓国では政府が強力に中国人観光客の誘致をしているようで
中国人観光客をめぐる争奪戦、韓国が日本に「宣戦布告」
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=43734&type=1
このように韓国の方が日本より年収制限もなく入国の敷居は低い。また航空運賃も安いだろうし、「異国体験をしてみたいだけなら、韓国に行く方が安くて手軽だ」としている。また食や美容などの魅力が女性客をひきつけているようだ。総じて幅広い層が韓国への旅行を志向するのではないか。日本のばあいはブランド品や先端家電、端末やカメラなどの高級品志向の富裕層がはまるのだろう。まあ量的には韓国に有利だろうが、個別の購買力などでは凌駕するのかもしれない。ところで一人でたくさん購入していくのは中国で転売するためだという。







http://www.kankoukeizai-shinbun.co.jp/tokusyukiji/interview
/10_07_24.html
 「中国人は旅に出たら家族や友人にお土産を買う。また欧米ブランド品は中国で買うより日本で買った方が安い。デジカメは日本だと最新モデルが手に入る。アウトレットモールに行けば安さに驚き、まとめ買いする」  

 「銀聯カードの09年の日本での決済額は240億円。同社の分析では現金決済額がこの5倍ある。訪日中国人101万人が1人平均14万円を消費した計算になる」
posted by rosta at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・風俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

日本は自転車に厳しい国。



去年台湾にいったときに意外だったのは台北の足ともいえる公共鉄道のMRT(地下鉄・モノレール)に自転車持込の案内があること。けっこう目立つので利用者が多いのだろう。私が乗っているときはあいにく自転車の搭載はなかったが、街中ではけっこう本格的なサイクリストのスタイルで自転車を駆っている人をみかける。また上海の地下鉄車内でも折りたたみ自転車やミニサイクルを持ち込んでくる人を見かけた。わりと混雑しているのだが、中国ゆえになんでもあり、といった感じだ。またヨーロッパの鉄道でももちこみオーケーなので、よく車内でみかけたものだが、日本の地下鉄では折りたたみで袋に入れていないと断られるようだ。低炭素社会とかCO2削減とかいいながら、自転車の取り扱いに対してシビアなのは理解に苦しむ。もっとオープンに自転車を活用することを考えたほうがいいだろう。自動車が売れなくなることを懸念する企業・業界の圧力があると邪推することはやめておく。

↓中国自転車生活
http://bicycle.sinica.jp/archives/205
posted by rosta at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・風俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

精神疾患の原因は?



学校警備体制の見直しや精神疾患をわずらっている人の監視


というが、はたして全面的に補足・管理などできるわけがない。また精神的に問題がある人が事前にわかるものでもない。何か事があって、その事件を起こした動機や理由を探って、はじめて精神疾患があると、わかるものである。

今の中国の社会的な病理があらわになってきている現象だと思う。



posted by rosta at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・風俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

中国の家族の財産写真

中国の家の印象は狭い家庭もあるが、裕福な家は財産も規模もスケールが違うということ。
地方の家なども日本よりも広い家が多いのではないか。
家屋については日本よりも西洋のほうが似ているというか共通なのではないか。床は土間だし椅子と机の生活なのはその一例。


 中国の家族の財産写真
背景がなんともいい。

↓ギガジンから
中国に住む色々な家庭の全財産を並べて撮影してみた
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100707_chinese_property/
posted by rosta at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・風俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

サッカーにさほど関係ないような気がするがかわいい娘がネットで話題に


 

広西チワン族自治区の桂林市に住む女子が、サッカーのユニフォームを来た写真を
自分のブログに載せ、ネットユーザから 「最清純足球宝貝!」 と賞賛されている、という話。
しかし細い、スタイルがよすぎ。
手足が長いのでモデルになれるでしょう。



http://exawarosu.net/archives/3333453.html


http://people.hnce.com.cn/c/2010-06-28/78344.shtml
posted by rosta at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・風俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本文化の心 茶道具通販なら舞宝夢茶道具店 名物へぎそば、通信販売
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。