2014年09月17日

浙江省 紹興市 

紹興市といえば魯迅と紹興酒のふるさと。
それ以外にもけっこう見どころは豊富。

绍兴柯岩风景区

地表から岩がにょきにょき出ていて、さらにその岩をくりぬいて仏像を掘ってあったりする。湖や運河などがあり、公園として整備されているようだ。
柯岩(カーイエン)風景区は、杭州から紹興に行く手前にある。
柯岩风景区
绍兴柯岩风景区
柯岩风景区
http://www.keyan.com.cn/jp/
紹興市内からの行き方(魯迅路口から柯岩风景区)
603路(永和塔--大香林公交駅)プレビューだと2時間だが、かかりすぎかも?



仓桥直街
紹興市の真ん中あたりにあるストリート。府山公園と逸園・城市広場の間にあってかなり幅の狭い、路地という感じ。ふるい民家が並んだ通りで夜になると真っ暗といってもいいくらい外灯も少ない。地味な感じだが素朴でいい雰囲気である。


绍兴古街仓桥直街





大禹开元度假村

これは古鎮の範疇なのだろうが、村がまるごと宿泊施設になっている、いわゆるリゾートホテルなので生活感がない。これは賛否あると思うし、泊まらないとあまり楽しめないようだ。
绍兴大禹开元度假村
http://hotels.ctrip.com/hotel/433096.html

これ以外に周恩来故居(中国紹興市越城区劳动路369号)が市内の城市広場そばにある。
绍兴博物馆は魯迅故里の近くにあり、建物はさほど大きくない。収蔵品も少ないのだろう。

塔山の寺の塔は市内の西側にあり延安路の突き当たり塔山公園のなかにある。塔の上から市内が一望できる。

posted by rosta at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

上海の越年イベント。外難での近代建築群へのプロジェクション・マッピングと花火大会ごーか

上海の2013年から14年にかけての越年イベント。

外灘のバンドの近代建築群の向けてプロジェクション・マッピングをやっている。しかしこれは斜め部分から撮影しているのでいまいちよく見えない。やはり正面から見ないと効果がわからない。

堤というか遊歩道になっているところにすごい人がいる。これだけいると絶好の位置を確保するもも難しいだろうな。

都市があけると同時に河の真ん中から花火が打ち上げれる。なかなか豪華です。その後は街中へ移動し豫園商城ののぞきからくりの実演などをひやかしたりと、徘徊する映像。


posted by rosta at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

7月の訪日外国人トップの28万人が中国人だということだが、華人という括りでは以前から一番じゃないのかな?

7月訪日外国人がトップが中国人だという話。

これまで訪日外国人の国別ランクでいえば韓国が通年で毎月20万人(2013年〜)くらいいて、次に台湾、中国、香港とつづいていて、いわゆる華人という人びとでいえば韓国人を越えていたくらいだった。それが2009年あたりから中国が台湾を越えるようになり、ややデコボコがあるが増えては来ている。

http://www.jnto.go.jp/jpn/reference/tourism_data/visitor_trends/
まあ、いちばんの要因としては端的に海外旅行へ出かける余裕のある人が増えた、ということに尽きるのではないか。物価・賃金レベルでは韓国と香港が同レベルで台湾もやや下がるくらい。中国はもっと下だろうが、なにせ人が多いので、同程度の富裕層(というか中間層なのかな)がいるし、その数も半端ではない。

中国人にとり海外旅行ブームがアジア諸国を中心に続いている。これを推進させる要因として、@改革・開放政策の進展による中国人の経済的ゆとり、A労働時間の大幅な短縮、すなわち、土・日曜の週休2日制、年3回の7連休制度4)、B国内旅行の割高感などが考えられる。

2020年には旅行者数は1億人に達するとの見込
http://tourism-nippon.com/nicchutour%20hikaku.htm

日本人の海外渡航人数をみてみると2012年の時点で18484000人。
http://www.tourism.jp/statistics/outbound/
2006年のデータだと中国人海外旅行者数が3450万人だというので、この時点で倍くらいになっている。ちなみに日本への渡航目的はビジネス出張や親族訪問など厳密な観光は少ないようだ。

レジャー超大国、中国(9)〜実況!中国人観光客と「はとバス」ツアー
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20080125/145466/?rt=nocnt

観光ということでは韓国、台湾、香港あたりからの人が多そうだが、いずれにせよ来日する人々は、地理的にも近い韓国、中国、台湾、香港からの人びとが圧倒的多数であるということは当然だし事実なのである。

そのことはもうすこし考えたほうがいいと思うよ。



7月"訪日外国人"は中国が前年比倍増でトップ、中国ってそんなに景気がいいの?

日本政府観光局(JNTO)が発表した2014年7月の訪日外国人数(推計値)は前年同月比26.6%増の126万9,700人と単月で過去最多となった。政府が成長戦略で観光立国を打ち出し努力している効果もあるが、それ以上に円安が進んで海外から見た日本旅行の価格が下がった効果が大きい。

国別では、中国が前年同月比101.0%増の28万1,200人と、単月では訪日旅行者数トップとなった。都内の百貨店や空港の免税店は、中国人観光客の買い物で賑わっている。(中略)実は、中国経済には2つの顔がある。「消費」は好調。ただし、「投資」が過剰で先行きに不安がある。

今後の経済運営で「消費主導の成長経済に移行」する方針を掲げている。ただし、投資依存は簡単には止められない。投資を減らし過ぎると景気が悪化して社会不安が生じるからだ。現在は、小出しに公共投資を続けて景気の悪化を防いでいる。

こうした中国経済の二面性を反映して、中国でビジネスを行っている日本企業は、事業内容が消費関連か投資関連かで現況が異なる。日用品販売・外食サービスなどを手がける日本企業はおおむね好調であるが、建設機械・鉄鋼製品などを手がける日本企業は苦戦している。


posted by rosta at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・風俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

日本の蒼井そらが中国で人気。何故?

日本のアダルトビデオの女優の蒼井そらが中国で人気がある、という話は聞いていた。それ以前ものりピーが中国で人気があると聞いていたし、中国で人気のあるタレントは昔は中野良子、山口百恵だったというのは有名だが、今イチ日本ではピンとこない。

蒼井そらはAV業界では2005年くらいがピークだったと記憶している。同期に(移り変わりが激しいのであまり同時期的な意味しかないが…)及川奈央、紋舞らん、早坂ひとみ、沢口あすかなどがいる。お菓子系グラビアアイドルとAVが同期している時代だった。ちょうどAV業界の女性の質がアイドルと遜色ない状況になってきた段階だったと思う(今は完全にAV女優のほうが質・量ともアイドルを凌駕していると認識しているが、それと同時にAV女優がデフレ化してしまった)。

そのなかで何故蒼井そらが中国で人気が出たのか? 分かりません(即決!)。まあいろいろ理由はあるのだろうけど。それよりもその人気をしっかりと掴んで、微博(ウェイボー)など中国版ツイッターを開設したり、中国人への対応を丁寧にしていったのが成功の要因ではないでしょうか。いつの時代も地道な努力が花を咲かせるということでしょうか…となんかフツーの成功譚というのも面白くないのですな。

今日もTBSラジオ「荻上チキセッション22」のゲストで出ているのですが、本人も自分の人気を正確に分析はできてはいないようです。

ふるい情報ですが以下のブログで中国での彼女の微妙な扱われ方についての話が掲載されています。
中国という隣人
http://aquarelliste.269g.net/article/16962746.html

ともかく微博では1200万のフォロワーがいるというし、中国での人気は絶大なものがあり、日常的にも中国での話題が多いようです。彼女の活動の中心は海外・東アジアにあるようで、昨年にはJAMという日中韓のユニットを結成してその芸能・音楽活動がメインのようです。

蒼井そらの公式HP
http://www.aoisola.net/home.html


まあ、日本でかつてそのようなAV女優がいたな、という認識では大間違いということでしょうか。ホントかどうか分かりませんが、彼女は公式にはAV女優は引退していないようです。ただ、今の日本のAV業界は爛熟・飽和状態だし、女優のレベルも高いんで復帰しないほうが身の為だとささやいて置きましょう。

posted by rosta at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

アメリカの中東政策はアフガンとイラクに戦争しかけたときから一貫しているのではないか。いまさらオバマがまずいといっても



アメリカの政策としてはブッシュ時代(パパブッシュ)のときからさほど変わっていないと思うが、いちばんの問題は強硬に対応する、というスタイルがなかなか通じなくなってきている、ということではないか。
今回のオバマの対応というのも、従来の大統領のブレーン(アメリカ資本・官僚の思考法)であれば迷いなく爆撃開始、武力行使を躊躇いなく遂行していたはずである。しかし、なぜそれができなかったかというとオバマを支持している国民層が離反しかねない、という畏れがあったからではないか。

いま、オバマ政権はなぜか人気がない、それは何故なのか。中東紛争など(アフガン、シリア、イラク)への決然とした対応ができていない、という好戦的な問題ではないと考える。むしろ共和党などの反対者との調停や調整との関係で妥協を重ねているのは軟弱である、との印象があるからではないか。

しかし、オバマ政権が慎重に対応している(と見える)のは、複雑な要因があってのことで、単純に弱腰でないのだが。そもそも、世論的にはシリアへの介入についても否定的な意見も多かったし、今やアメリカの世論内でも、イスラエルのガザ攻撃について否定的な意見が増えてきたという(TBSラジオの北丸雄二のアメリカニュースによると30代以下の世論ではイスラエルとパレスチナの賛否はややパレスチナが多いという)。

オバマを批判しているクリントンは
「(オバマ政権は)イスラム主義者や世俗派、そして中庸的な人々などアサド大統領への抗議に立ち上がった人々による信頼できる反体制勢力の構築の支援に失敗した。この失敗が生み出した巨大な空白は、イスラム過激派戦闘員たちによって埋められた」(クリントン氏)

と言うが、そもそもアサドに反対している勢力自体がイスラム勢力やアルカイダ系のよせ集まりであり、サリンを使用した疑惑についても実は反アサド派にも、その能力はあったという。

そもそも、イラク政権打倒についても現在のように分裂国家状況になる可能性が大だった。それでも大量兵器がある、という理由を口実に占領してフセイン政権を転覆したことは、国家が平穏になるまで支配・管理をする責任がアメリカにはあるだろう。むしろアメリカはここにずっといなければならなかったのではないか。

/medianewsdelivery/afpbbnews/seesaa/js/sjis/14188000/690e64d960917a26d8daf50c1fb24632_18853ba215ef0ae961f7face7e263fae.js" charset="Shift_JIS">




posted by rosta at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

映画で見る中国の隆盛―ハリウッドでの新たな展開なのか新作『トランスフォーマー』から

TBSラジオの映画評論家の町山智浩のコラムを聞いていたら、日本でもこの8日に公開される映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』を採り上げていた。この映画はいままで全世界の興行収入が10億ドル(約1000億円/1ドル100円換算)を突破し、今年公開された映画のなかでダントツのNO.1ヒット作となっているのだ。

なにがすごいといってもこれが、中国マネーが入っているせいで、最初からヒット・収益が見込まれていたという。つまり制作費に中国の企業から複数募っているからだ。もっとも全体の3割くらいだという。そして中国とアメリカの合作という形式をとっているので、中国公開でのハードルがない(中国の場合はアメリカ映画など外国映画の公開規制がある)ので、スムーズである。

また、彼によれば中国では映画館が一日3館のペースで創られているという(ちょっと根拠が見えないが…)。アメリカの映画館の数よりも数が多いというのは理解できるが、映画館事業がそれほど展開する可能性があるのかちょっと不思議である。たとえば人口増加が続いているインドであれば理解できるが、日本のように人口減少になっていて、シネコンはあっても映画館自体はさほど増えていないところではあまり理解しがたいところがある。

話しとしてはこの映画が企業の宣伝に配慮するシーンがかなり多く、それによってストーリーとして不自然なところが多々あるらしい。これが映画の未来の形かと思うとぞっとする、と語る。

自分に金くれたら中国を舞台にしてゴジラのような映画をつくる、とも話していたが、たしかに中国市場相手に合作をして事業を発展させる方向はありだな、と思う。


『トランスフォーマー』最新作の世界的大ヒットで見える、中国マネーの興隆?
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20140807/1059446/?ST=life&P=3




世界中で大ヒットを記録した映画『トランスフォーマー』シリーズの最新作
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
公式サイト:http://www.tf-movie.jp/
(C) 2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved.




posted by rosta at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 中華動画・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

香港の民主派を揺さぶる政治献金問題。アメリカネオコンも絡んでいるようだ。

香港の民主派の政治家や運動団体に政治献金や資金が流れている資料がメールでばらまかれたようだ。

これによると米国の新保守主義派(ネオコン)の代表格であるウルフォウィッツ元米国防副長官とミャンマーのテイン・セイン大統領の会談に黎氏が同席した写真や、「ミャンマーでのサービスに関して」という名目でウルフォウィッツ氏に7万5000ドルを送金した記録も含まれていた、という。

香港の民主派を揺さぶる謎のメール 政治献金、親中派が追及
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM05H1O_W4A800C1I00000/?n_cid=TPRN0001

たとえばウクライナの政変やエジプトの民主化運動のときにも、それらを担う組織の一部にアメリカやソロス財団などからの資金援助や支援の動きはあった。むしろ昔のほうが欧米諸国と諸外国(いわゆる第三世界)との関係で政変やら政治介入には、前者が後者になんらかの結びつきがあったし。露骨なものもあった。

政治献金のことよりも、何を目的としているのか、狙いは何なのかを議論したほうがいいだろう。



タグ:香港 選挙 民主
posted by rosta at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ―『非核芸術案内』(岡村幸宣 岩波ブックレット 2013年)

非核芸術案内』(岡村幸宣 岩波ブックレット 2013年)

広島・長崎の核爆発から第五福竜丸の被ばくと原子力発電、チェルノブイリの原子力事故を経て福島の原発の核事故までの事象に対応した芸術表現を一瞥する。

反核や反原発ではなく、「非核」としたのは核の問題を幅広くとらえようとしているからだろう。作品はメキシコのシケイロスの「都市の爆発」(1936年)から丸木位里・丸木俊「原爆の図」(1950年)の紹介にはじまり、文学作品や中沢啓治の「はだしのゲン」(1973−85年)、そして市民たちが描いた原爆惨事の絵画郡にいたる。

さらに第五福竜丸の被ばくと原発、チェルノブイリ以後の表現活動を振り返る。最後に3.11以後の非核芸術をみてゆく。そのなかで文学者や映画の動向なども盛り込んでchimpom 、ヤノベケンジ、風間サチコ、増田常徳、黒田征太郎などの作品を紹介している。核の問題を考える契機や素材としてあらためて芸術表現を見直すことは重要だろう。



なお著者は丸木美術館学芸員。

    







posted by rosta at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

河北省の広府城は太極拳のふるさとでもあった

日本の城とちがって中国の城は町全体を囲っている。そのせいか長い歴史のなかで淘汰されてきた、というか、不要になれば遠慮なく壊されたのだと思う。今は再開発でさらに少ないものがなくならないといいのだが。

ところで『中国の“穴場”めぐり ガイドブックに載っていない観光地』(日本日中関係学会/編 日本僑報社 2014年)という本を読んで、ちょっと内容が薄いのと穴場が少ないのでがっかりしたのだが、河北省の広府城というところはあまり紹介されていないと思った。

場所が河北省という内陸なので、なじみがないのだろう。

点击图片可在新窗口打开

 点击图片可在新窗口打开
http://travel.0756.la/viewnews-7051-page-1.html

周囲を掘りにして水を引き込んでいて河のように見えるが、なかなかいい。ロケーション的には景勝地という感じだ
查看照片详细信息

http://www.yododo.com/photo/012FD4BB16955B65FF8080812FD266F1

トリップアドバイザーをチェックすると、永年郡のいちばんの観光地で、周囲にはホテルもあるようだが招待所がメインのようで外国人が泊まれるかは不明。写真で見る限り城内は素朴な雰囲気でまだ観光化されていないような地味な場所みたい。
广府古城 Guangfu Ancient City
http://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g1810157-d1865015-Reviews-Guangfu_Ancient_City-Yongnian_County_Hebei.html

太極拳の故郷といっても諸説あるのだが、中国河北省永年広府は楊露禅が楊式太極拳を起こした場所だという





場所は「邯鄲の夢」で有名な邯鄲市(かんたんし)の近く

こちらは航空写真。周りは何もない、しかし運河掘りにしている城壁は鉄壁だろうね。







posted by rosta at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

東京・渋谷 トキ・アートスペース(TOKI ART SPACE)でLAFMSの音楽とルナミ画廊を振り返る

http://homepage2.nifty.com/tokiart/2014/140821.html より

会場の TOKI ART SPACE は 1977 年と 79 年に
LAFMS の中核である Joe Potts の個展を
当時銀座に在ったルナミ画廊で催すことに尽力された
トキ・ノリコさんの画廊。

新旧とりまぜた作品を展示すると共に
LAFMS の音楽を常時紹介するなど
濃厚ながらユル〜く進行いたしますのでご期待ください。


羅府夢衆 展
LAFMS (Los Angeles Free Music Society) and Their Friends in Slow Life Avant-garde

期間 - 8 月 21 日 (木 ) 〜 24 日 (日)
時間 - 11:30 〜 19:00 (24 日のみ 16:00 終了)
場所 - 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-42-5サイオンビル1F
 TOKI ART SPACE
http://homepage2.nifty.com/tokiart/
posted by rosta at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本文化の心 茶道具通販なら舞宝夢茶道具店 名物へぎそば、通信販売
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。