2014年03月26日

相倉久人『至高の日本ジャズ全史』

相倉久人『至高の日本ジャズ全史』(2012年 集英社新書)は変な本である。タイトルだけをみると日本ジャズの通史のような気がするが、そうではない。

戦前のことがまず少ない、二村定一や川畑文子など数名の名前が挙げれるのみ、ごく簡単に触れておなざりな記述である(基本的に知らないのと調べる気もないのでは…)。そして一気に戦後の話になる、著者が体験した1950年代のジーン・クルーパのエピソードが語られる。そう、これは個人の体験でみた極私的ジャズ史なのである。

その意味では60年代からのフリージャズなどの新しい動きに対するかかわりなどの事例には事欠かないようで、なかなか面白い。しかし70年にはジャズや文化活動に興味を失い(著者の言)。それによりこの流れは頓挫してしまう。というか中断してしまう。

本来はフリージャズでもシカゴ派やヨーロッパでの展開、それ以外にもマイルス動きやファンクなどの再評価などそれぞれ興味ぶかいのだが、著者の範囲外にある世界だ。

あくまで個人のかかわったジャズという理解でしかない。最後に何故かミュージシャンの菊池成孔との対談が納められているが、これも蛇足感がある。興味を失った時点で終了してよかったし潔い良いという印象だったのだが。






ラベル:ジャズ 音楽
posted by rosta at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『言語都市・上海』藤原書店

『言語都市・上海』藤原書店(和田博文他著 1999年 藤原書店)
上海という近代都市の形成期を日本の文学者のかかわりなどの視点から描いた本。
横光利一、金子光晴、吉行エイスケ、武田泰淳、堀田善衛など多くの日本人作家の創造の源泉となった“上海”を、文学作品から当時の旅行ガイドに至る厖大なテキストに跡付け、その多層的魅力を活き活きと再現する、時を超えた“モダン都市”案内。

とある。そもそも過去の都市の状態を描くのに「テクストの言語都市」という文学者だけのテキスト解読だけでは限界があると思うが、日本の文学者とのかかわりを中心に見た上海とはなんなのだろうか?

それをフォローしてくれるのが、「日本人の上海体験」という項目の30冊の20年〜40年代に出版された書物である。さらに上海事典としてアヘン、内山書店、ジャズ、ユダヤ人、白系ロシア人などの当時の上海を知るためのキーワードが網羅されて、「魔都上海」と称された多面的な街の肖像を理解するための概念が示される。





ラベル:上海 江南
posted by rosta at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 街・都市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

江蘇省・无锡清名橋古運河、南長街など

江蘇省无锡市の旧市街は只今保存改築中だ。
とくに市の中心の南禅寺あたりの運河を保存して蘇州・山東街もかくやというような雰囲気にしている。


大きな地図で見る

【视频:无锡水弄堂 古运河 清明桥】





南禅寺からニッコーホテルさらに南長区の清名橋の間の運河を
清名橋古運河と命名して保存し観光開発を進めている。メインは南長街という街路で、古い町並みを保存・再現している。最近ここを訪れたがいわゆる旧市街で、河を挟んで対岸の街は保存指定中でまだ住人も住んでいるようだ。建物には保存の掲示が下がっている。
街は歩行者天国になっていて、おしゃれな商店やバーやレストランなどに利用されて、一大歓楽地となっている。なかなかいい雰囲気。

こちらは現地邦人のブログ↓
南長街運河沿いレストラン&バー通り散策


清名橋古運河
清名橋古運河

南禅寺の写真があるブログ

posted by rosta at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 街・都市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

浙江省・行摄芹川古村

浙江省・行摄芹川古村
のんびりした山間の田舎の村という印象。





地図はいろい千島湖そばの場所とふたつあり不明だ

大きな地図で見る

http://www.coolzou.com/zhejiang/qiandaohufengjingqu/site_1902_map.html
千岛湖芹川古民居
http://www.lvmama.com/dest/qinchuanguminju
posted by rosta at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 古鎮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

江蘇省の古鎮<同理・周圧・錦渓・角直・木涜・千灯>など

有名な江南・江蘇省の古鎮をひとまとめにするというのは不遜な気もするが、有名だから敢えてスルーするというのもありかなと思ったが、これらの古鎮に、簡単にコメントしておくのもいいかと。

・同理
橋が多い古鎮として知られていて、コンパクトに纏まっている。
・周圧
観光開発されすぎておみやげ屋ばかりとなってしまったが、民俗ショー上演(「周圧四季」は野外の舞台で民家を実際の風景として見立てたりしておもしろい)などは新たな可能性を感じる。
・錦渓
町としては地味なのだが、マイナーな博物館を設置して努力している。寂れた雰囲気もまたよし。
・木涜・角直・千灯
古鎮としては蘇州の街の部分として認識したほうがいいと思う。木涜鎮はともかく角直、千灯は離れているが、江南地域、特に蘇州市街特有の白壁と黒瓦の民居が川沿いに続いている。その意味で独自性はないが…。

千灯鎮はあまり商業化・観光化されていないのが救いか



posted by rosta at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 古鎮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

江蘇省・常熟市虞山古镇

江蘇省・常熟市からもうひとつ虞山という古镇がある。ここは常熟市の中心にほど近く森林公園があり、写真をみるとまるで桂林のような隆起した小山が並んでいる。ミニ桂林といったところか。古鎮といっても老街などは見当たらないので、近代的な街並みに一部ふるい城壁や城が残っていることなのかな。

点击浏览下一张

点击浏览下一张

城壁
城壁残っている。


大きな地図で見る
posted by rosta at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 古鎮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

江蘇省・恵山古鎮(无锡)

江蘇省無錫市北塘区古華山路惠山古镇

惠山古镇は無錫市のはずれ北側にある。


中国古鎮網にはいい感じの写真がある。黄酒博物館もある
http://www.sozhen.com/default/townpicture_160.html


大きな地図で見る

posted by rosta at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 古鎮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江蘇省・盛沢鎮(盛泽)

江蘇省 蘇州 呉江市 盛沢鎮は有名な西塘鎮と浙江省の南尋鎮の間にある。
盛沢鎮はあまり知られていないが、けっこう状態の良い民居がならんでいる。


中国古鎮網では江蘇省古鎮のひとつとして紹介されている。
http://www.sozhen.com/default/townpicturecon_64_18313.html


大きな地図で見る
posted by rosta at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 古鎮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

江蘇省・淮安市

淮安市は楊州市から北に120キロほど上がったところにある。
宣伝ビデオをみるとかなり発展しているようだ。

 
中華人民共和国江蘇省北部淮安市に位置する市轄区。中国の古代から近世にかけての河川行政(治水)・水運行政(漕運)・製塩行政の中心地となった古い街であり、揚州・蘇州・杭州とならぶ大運河上の四大都市と称された。周恩来・韓信・呉承恩らの生まれ故郷でもある。1986年には国家歴史文化名城の称号を得ている。

とウィキには書かれている。あまりなじみがないが、けっこう都会でさらに古い町並みも残っている。
京抗大運河・江蘇段(河下古鎮)として保存されているようだ。

日本人の旅行ブログの写真をみるとかなり建物などがきれいで新しく、もしかして「彷古(ほうこ)建築」なのかも。「彷古建築」とは古い建物を復元・再現したものを指すらしい。その復元・再現だが、厳密に微妙な問題があり、まったく新しい素材で作り変える、あるいは作り直す場合とかつての素材や仕組みを遵守して作る場合があり、またそのレベルというかやり方も幾通りも差があり、見た目だけを重視して安易につくられる例も希ではないという。

河下古鎮
http://4travel.jp/traveler/taku3594/album/10655880/






大きな地図で見る

また、市内中心近くに码头古镇という古街が近年修復されたようだ。ただ規模は小さいようで、あまり特色がみえない。




大きな地図で見る
posted by rosta at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江蘇省・东台市安丰镇

江蘇省 塩城市 東台市 安豊鎮
東台市は江蘇省の東北部に位置している。周囲はあまり有名な町はない。今さかんに海外からの融資を呼び込んでいる。

観光地点としては安丰明清街、新街九莲寺、弶港龙王古寺など
http://baike.baidu.com/view/37443.htm?fromId=1002976&redirected=seachword


大きな地図で見る
posted by rosta at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 古鎮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本文化の心 茶道具通販なら舞宝夢茶道具店 名物へぎそば、通信販売
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。